THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第二回アガサ・クリスティー賞選考経過

第ニ回アガサ・クリスティー賞の第一次選考が終了しました。
識者による厳正な審査の結果、下記の16作が第一次選考を通過いたしました(到着順、名前はペンネーム、敬称略)。
この後、5月に編集部による第二次選考、7月には選考委員4名による最終選考会を開催し、受賞作を決定いたします。
それぞれの結果は、当財団のホームページで発表いたします。また早川書房ホームページおよび、「ミステリマガジン」「SFマガジン」の8月号(6月25日発売)、10月号(8月25日発売)でも発表されます。

第一次選考通過作品
『海月の終―かいげつのつい―』無月 麻衣
『死の理由』嵐林 眼
『コンカニ・チャシ』岡 辰郎
『シーソー』澤柳 司
『さやかは紫陽花の咲く坂で』藍沢 砂糖
『萼の暗証法則に翻す決闘』笠居 小十
『カンパニュラの銀翼』中里 友香
『土曜日はチボリ』工藤 智美
『選ばれた楽園』横邊 愛恵
『とが』大八 弥生丸
『魔術の重さ』唯 蓋尋
『犠牲を纏いし者』谷門 展法
『刑事(でか)とんび』川口 栄幸
『フェルメール・コネクション』三品 豊
『刃刺(はさ)しの権太』村瀬 継弥
『パラドクスの卵』時越 源

*審査の詳細についてのお問い合わせには応じられませんのでご承知ください。