THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

2021年作成図書 10作品

地べたを旅立つ 収録時間 9時間17分
そのえ信 著
列車探偵ハル ―王室列車の宝石泥棒を追え―
収録時間  8時間11分
M.G. レナード & サム セッジマン 著 武富 博子 訳
夕陽の道を北へゆけ 収録時間 20時間38分
ジャニーン・カミンズ 著 宇佐川晶子 訳
ザリガニの鳴くところ 収録時間  16時間58分
ディーリア・オーエンズ 著 友廣純 訳
よろず屋お市 深川事件帖2 ―親子の情―  収録時間  5時間36分
誉田 龍一 著
クララとお日さま 収録時間  8時間06分
カズオ・イシグロ 著 土屋 政雄 訳
追憶の東京 ―異国の時を旅する― 収録時間 14時間59分
アンナ シャーマン 著 吉井 智津 訳
探偵は絵にならない 収録時間  6時間13分
森 晶麿 著
わたしたちが光の速さで進めないなら 収録時間  9時間29分
キム・チョヨプ 著 カン・バンファ、ユン・ジヨン 訳
10
彷徨える艦隊 11 ―巡航戦艦レビヤタン― 収録時間  13時間11分
ジャック キャンベル 著 月岡 小穂 訳

2022年度は全国156カ所の視覚障害者施設に寄贈いたしました。

<施設の方、利用者の皆様のご意見・ご感想>
  • クララとお日さま、夕陽の道を北へゆけ、ザリガニの鳴くところが特に感動したと好評でした
  • 読書の好きな方が毎年楽しみにされています
  • 音声ガイドやデイジーの読み手が声優さんのように演じてくださっているとワクワクします
  • 明治、大正、昭和、その地代の有名な人物の回顧録などの希望がありました
  • 書棚にハヤカワライブラリーのデイジー図書が増えることの楽しみを実感しております。楽しみが少なくなった昨今、終日なにかしらの作品を聴き過ごされる方が多くなりました
  • 小学部児童が多いため、幼小学児童向けの図書を増やしていただけると、とてもありがたいです
  • 子ども向け自然科学系(ハヤカワ・ジュニア・サイエンス)があると嬉しいです
  • ビル・バリー著「東の果て、夜へ」は興味深い作品で既に何回も聞いています。これからも聞きたいと思っています
  • 通学時や合宿日の自由時間に聴ける短いお話をリクエストされることが多いです
  • デイジー図書は読書の楽しさを持ち続けることができます。聞きたいデイジー図書が豊富にある事も生徒のワクワク感につながるので、今後もよろしくお願いいたします
  • 洋書よりも日本の作品が喜ばれます
  • 毎回、ミステリ小説は根強い人気があります。小説以外では、ノンフィクションが読者の興味をひいたようです
  • あらすじを読むだけでも、どんなラストになるのだろう? とワクワクします
  • 「よろず屋お市」等のシリーズ作品やミテリーなど利用者に大変喜ばれています

 

アガサクリスティー賞

悲劇喜劇賞

早川ライブラリー 野田昌宏文庫

小鷹信光文庫 ヴィンテージペイパーバックス