THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第三回アガサ・クリスティー賞選考経過

第三回アガサ・クリスティー賞の第一次選考が終了しました。識者による厳正な審査の結果、下記15作品が通過いたしました(到着順、名前はペンネーム、敬称略)。
この後、5月に早川書房編集部による二次選考、7月には選考委員4名による最終選考会を開催し、受賞作を決定いたします。
それぞれの結果は、当財団のホームページで発表いたします。また早川書房のホームページおよび、「ミステリマガジン」「SFマガジン」の8月号(6月25日発売)、10月号
(8月25日発売)にて発表いたします。

『セオイ』世奈 佳三
『7人のゴブリン(悪戯な精霊)』岡島 明
『ヴィルゲンアルストラ卿の究極レシピ』在神 英資
『コンダクターを撃(う)て』三沢 陽一
『鳴く鹿の声聞くとき』松嶋 チエ
『迷宮法廷』馬頭 晶
『スクランブル交差点』嵐林 眼
『ラ・リューシュ~レジェと蜂の巣と~』平 悠
『摂氏九十九度のアンビエント』秋元 雅人
『源流、支流、そして合流』星 和夫
『ヘルズ・キャッスル』篠山 静
『VINTAGE ケンブリッジの切り裂きジャック』桃永 夏兎
『佳人の死』森岡 伸介
『クロニクル』柴 古都子
『春葬』    紅茶 風味

*審査の詳細についてのお問い合わせには応じられませんのでご承知ください。