THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第五回アガサ・クリスティー賞選考経過

第五回アガサ・クリスティー賞一次選考結果発表

識者による厳正な審査の結果、下記15作品が通過いたしました(到着順、名前はペンネーム、敬称略)。
この後、5月に早川書房編集部による二次選考、7月には選考委員4名による最終選考会を開催し、受賞作を決定いたします。それぞれの結果は、当財団のホームページで発表いたします。また早川書房のホームページおよび、「ミステリマガジン」「SFマガジン」でも発表いたします。

『ヘルマンの挽歌』稲場 秀樹
『セイブ・ザ・クイーン』藍沢 砂糖
『奈落の星(エトワール)』三上 日登美
『桜咲く頃に』小早川 真彦
『サイレント キラー』神谷 いずみ
『胴元の誤算』前田 海
『花の記憶』八木 敏安
『誘拐師はなぜ不動産を要求したか』水原 徹
『微睡て』藤田 怜央
『うそつき、うそつき』清水 杜氏彦
『アザミの咲く庭』桐島 裕
『雪の贈り物(轟警部事件日記)』本間 政毅
『シヴァとダイヤモンド』しまだ 麻希
『ミセスMと西瓜の謎』瀧本 正和
『異説忠臣蔵~徳川綱吉の陰謀』高山 怜

*審査の詳細についてのお問い合わせには応じられませんのでご承知ください。