THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第八回アガサ・クリスティー賞選考経過

第八回アガサ・クリスティー賞一次選考結果発表

識者による厳正な審査の結果、下記14作品が通過いたしました(到着順、名前はペンネーム、敬称略)。
この後、5月に早川書房編集部による二次選考、7月には選考委員4名による最終選考会を開催し、受賞作を決定いたします。それぞれの結果は、当財団のホームページで発表いたします。また早川書房のホームページおよび、「ミステリマガジン」「SFマガジン」にて発表いたします。

『離叛』鴨 六十九
『ドック島死のツアーへようこそ』平野 俊彦
『犠牲(スケープゴート)――ある港の物語』城宮 一樹
『聖母の横顔』相林 あどら
『入れ子の水は月に轢かれ』オーガニック ゆうき
『横浜キッド』坂崎 功
『ムッシュ・ジャポネス』小島 敏
『インサイト・ルーラー』比佐木 惣介
『バケ学のすゝめ』方丈 貴恵
『願いをかなえる完璧な方法』福田 悠
『未完のロングテイク』市岡 青
『折れたタンコツ』木山 穣二
『氷焔』碓氷 霜子
『クライム・オブ・ロンドン』宇良 やすまさ

*審査の詳細についてのお問い合わせには応じられませんのでご承知ください。