THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第六回アガサ・クリスティー賞贈賞式を開催

2016年11月22日、明治記念館において、第6回アガサ・クリスティー賞の贈賞式、祝賀会を開催しました。
本年度は残念ながら本賞の該当作はありませんでしたが、『花を追え』で優秀賞を受賞された春坂咲月さんに、当財団代表理事早川浩より表彰状が授与されました。

贈賞に先立ち選考員を代表して鴻巣友季子氏から選考経過と講評が披露されました。鴻巣選考委員は春坂さんが二年前の第四回アガサ・クリスティー賞の最終選考にも残っていたことにも触れ、受賞作を「どこかほのぼのとした味わいと、ユーモアを感じさせる着物連作ミステリ」と位置づけ、「時折さり気なく挟まれる、和服だけなく色々な物に対する文化批評に作者の方の気骨を感じました」と評価されました。

受賞者の春坂咲月さんは受賞作の内容に相応しい艶やかな和服姿で、「第四回の最終選考で、選考委員の方々から頂いた批評がとても励みになり、再チャレンジしたいという気持ちになりました」との想い出と、「これからも皆様の励ましや、賞を糧にして作品を生み出していきたい」と受賞の喜びと今後の決意を語りました。

贈賞式にあたり、アガサ・クリスティーの曾孫で昨年からクリスティー社の会長に就任したジェイムズ・プリチャード氏よりお祝いのメッセージが届きました。

I took over as Chairman of Agatha Christie Ltd from my father, Mathew, a year ago.
This is the sixth Award of this prize that was set up to commemorate the long and fruitful relationship between Hayakawa Shobo Corporation and my Great Grandmother, Agatha Christie.
I congratulate the winner of the award for excellence, Ms Satsuki Harusaka, for her novel “Chasing the Flower. I am advised that it is fine mixture of Japanese tradition and puzzling mystery. And, as such, a fitting recipient of an award commemorating Agatha Christie.
I wish you all the best on the evening and in the future.

James Prichard    Agatha Christie Limited    Chairman

父マシュー・プリチャードの跡を継ぎ、昨年、アガサ・クリスティー社会長に就任いたしました。
早川書房と曾祖母アガサ・クリスティーの長きにわたる友好関係を記念して創設された本賞も今年で第6回を迎えます。『花を追え』で優秀賞を受賞した春坂咲月さんには心からお喜びを申し上げます。日本の伝統と謎解きが見事に融合した受賞作は、まさにクリスティー賞に相応しいものと言えるでしょう。
最後に、今宵お集りの皆様のご健勝を祈念いたします。

アガサ・クリスティー社会長 ジェイムズ・プリチャード(James Prichard)