THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第一回アガサ・クリスティー賞贈賞式を開催

10 月17日、明治記念館において、作家、評論家など多くの方々にご列席いただき、第一回アガサ・クリスティー賞の贈賞式が行われました。受賞作『黒猫の遊歩あるいは美学講義』の著者森晶麿氏に、ゲストとして来日されたアガサ・クリスティーの孫マシュー・プリチャード氏よりクリスティーの肖像が刻まれた正賞の盾が、また当財団代表理事早川浩より副賞100万円が贈られました。

選考委員の北上次郎氏、若竹七海氏による選評に続き、受賞者の森氏が登壇。「本書の原形は7年前に修士論文の執筆と育児に追われながら書いた」というエピソードや、「偉大な先人の名前を冠した賞を受賞したことをステップに、ミステリの高みを目指していきたい」という抱負など、受賞の喜びを語りました。森氏のお嬢様からのお父様に花束プレゼントというサプライズもあり、華やかななかにも和やかな贈賞式となりました。