THE KIYOSHI HAYAKAWA FOUNDATION

第五回アガサ・クリスティー賞選考結果

2015年7月10日(金)、第五回アガサ・クリスティー賞の最終選考会が東直己氏、北上次郎氏、鴻巣友季子氏、清水直樹・ミステリマガジン編集長の4名により行なわれ、協議の結果、受賞作が次の通り決定いたしました。

清水 杜氏彦『うそつき、うそつき』

贈賞式は11月19日(木)に東京・信濃町の明治記念館にて執り行なわれます。また、詳しい選考過程、選評は追って当ホームページに掲載いたします。

<『うそつき、うそつき』あらすじ>
嘘発見器としての首輪着用が義務付けられた近未来の日本。首輪除去の技術を持った青年フラノは、様々な事情を抱える人々からの依頼を請け負ううちに、自らの出自の秘密を知る。

<受賞者紹介>
清水 杜氏彦(しみず としひこ)
1985年、群馬県生まれ。千葉大学大学院工学研究科修了。2015年6月「電話で、その日の服装等を言い当てる女について」で第37回小説推理新人賞を受賞。
現在、千葉県在住。